So-net無料ブログ作成
検索選択

付箋 マーカーの使い方のマイルールを決める [学習ツール]

試験勉強の必須アイテムと言える付箋とマーカー。漫然と重要ポイントにマークしたり付箋を貼るだけでは便利さを活かしきれない。自分のルールを決めて統一した使い方をすることで効果が倍増する。

自分のルール

マーカーは黄・ピンク・緑の3色を使う

付箋はピンク・緑・黄・オレンジ・青の5色を使う

基本書通読時

・暗記必要なページに緑付箋を貼る。該当部分を緑マーク
・飛ばし読みをし先送りしたページに黄付箋を貼る
・読んで理解できなかったまたは疑問が生じたページにオレンジ付箋を貼る該当部分を鉛筆で囲む
? ?疑問点は鉛筆でメモ

過去問演習時

・間違えた、または良く分からなかった肢に鉛筆で矢印(→)※問題ではなく回答に記入
・上記分の基本書解説部分を黄色でマーカー
・できた問題は問題番号に?(チェック)マークを鉛筆で記入 ? ? ??
・できなかった問題は問題番号に×(バツ)マークを鉛筆で記入?
・×マークの問題は繰り返し演習
・2回間違えたら回答と基本書解説にピンクマークし基本書にピンク付箋を貼る

基本書再読時

・先送りしたページを学習したら黄色付箋を外す
・オレンジ付箋部分が理解できた、疑問が解決した時は付箋を外す


直前時
・基本書 過去問集を通して重要ポイントに青付箋を貼る

試験前日
・青付箋を復習


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。